HOME>記事一覧>地方で債務に悩む層をターゲットにする理由

状況によって三つの選択肢があります

不況による事業の失敗やリストラなど様々な要因によって多重債務となり、返済が滞ったり不能となった場合に債務整理という選択肢があります。債務整理には債務者の状況によって特定調停、個人再生、自己破産と言う三つの選択肢がありますが、いずれも裁判所を通し行う事になります。最近では地方で債務に悩む層をターゲットとして、東京の法律事務所が債務整理の無料相談会を行っており、PRも盛んに行われています。

メリットを浸透させる試み

東京の法律事務所が地方で債務整理の無料相談を行う理由としては、顧客確保の競争化もありますが債務整理というシステムのメリットが地方では浸透しておらず、債務に悩む層の割合が高いと言う実情があると言う理由が挙げられます。

過払い金の返還請求も可能

東京の法律事務所の債務整理に関するPRでは、過払い金が発生していた場合には返還請求も可能と言う内容を謳っています。これはグレーゾーン廃止以前に返済した債務を、法定金利で計算しなおした場合に差額が発生する為で、請求する場合には時効もあるので相談は早めにするのが得策となります。

遊興や浪費などの理由では出来ません

これらを踏まえ地方で債務に悩む層が、東京の法律事務所に債務整理を依頼し円満な解決が図れる事は非常に望ましい事と言えます。しかし遊興や浪費などによって債務となったものに関しては、債務整理する事は出来ませんので、この部分を踏まえておく必要もあります。

広告募集中